前へ
次へ

遺品整理では相談が何より肝心

遺品整理と一口に言っても、葬儀が終わってからは、諸手続きがありますから、できるならば、専門の業者に依頼するよりもまず、遺族で整理することが望ましいでしょう。何が発見されるかも分かりませんし、大切な書類、メモ書きなども処分してからではあとの祭りです。住宅の処分をはじめ、住居の賃貸契約の名義変更、生命保険金の請求など、期限付きの手続きもありますし、手続き先も各市町村、社会保険事務所、故人の勤務先などにも及びます。もちろん、遺品整理を依頼できる事業者も少なからずいらっしゃいます。マナー・ルールなども行き届いたスタッフによって、希望や要望に添ったサービスを提供しています。例えば、仮住まいであれば、モノの処分も一切合財必要になりますが、そうした不要品(不用)の処分や引き取り、買い取りサービスまで請け負う事業者もいらっしゃいます。今では、引っ越し業者でもそうした買い取りサービスを提供していますから、相談してみましょう。ほかに、モノで溢れている収集家ならば、もしかすれば、通帳や株券など、財産になり得る書類などを保管しているかもしれません。しかし、モノに埋もれて足の踏み場もないのなら、探し出すのも一苦労するでしょう。対象となるモノだけを探す、そうした遺品整理を請け負う事業者もいらっしゃいます。中でも、死亡した場合の遺品の相続は、遺言がなければ法定相続によることになります。しかし、もしも夫が亡くなり、残されるのが妻だけであれば問題もないのですが、財産(遺品)の所有者が法定相続どおりに相続させたくない場合もあるようです。亡くなって初めて大金を貯蓄していた事実を知ることもあれば、地主として収益を得ていた事実もあるようです。遺品整理で発覚するプラス財産は、遺言により思い通りに継承させることができることを本人も知っておきましょう。もちろん、遺留分というものがありますから、それは請求できません。形見分けの場で、愛用していたダイヤモンドの指輪が出てきたとしても、それが欲しいと孫が言ったところで、叶うわけではありません。

貨物軽自動車運送事業
軽貨物運送業の正式名称になります

Page Top